〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の選び方

顧問税理士、どう選ぶ?

法人で会社を経営するようになると、税務の問題など会計、また財務上でわからないことがたくさん出てきます。 そのままにしておけば重大な問題につながることもある財務上、税務上の問題は、やはり専門家に依頼することが必要でしょう。 決算時だけ、顧問税理士を依頼するという方もいますが、やはり会社設立の際には顧問税理士がいる、という状態にしておきたいものです。 会社設立の際に顧問税理士がかかわることで、その企業がゼロの状態から理解することができるからです。 では、顧問税理士をどう選ぶべきでしょうか。

わかりやすいことが何より大事

顧問税理士さんや弁護士さんなど特殊な仕事をしている方に多いのですが、専門用語を羅列して税務の事をお話しされても、内容がよく理解できないという事が結構あります。 法人であるから、企業のトップであるから、ある程度の税務知識は持っているかもしれませんが、専門用語を羅列されてはやはりわからないことが多くなってしまいます。 こちらが理解できるように、専門用語を避け、しっかり普通の言葉で丁寧に説明してくれる顧問税理士さんが望ましいです。 会計、税務は、会社のトップこそ、理解しておくべき重要事項です。 知らなかったでは済まされないこともたくさんあります。 深く税務や会計の事を理解できるように噛み砕いた説明が出来る、質問に時間をかけて答えてくれる顧問税理士さんを選びましょう。

法人が属する業界を深く理解しているかどうか

顧問税理士さんといっても法人が所属する業界の事に精通しているかどうかはわかりません。 これまで同じような業界の顧問を請け負うっていたという事なら経験がありますし、業界の事情も理解しているでしょう。 その業界の状況や事情などをあまり知らない状態で顧問をしてもらっても、理解出来ない部分が出てくることが多くなります。 例えば建設業界などは支払いがかなり後にずれ込むこともあります。 それを知らずに売掛が多い・・・といわれても、この業界だから仕方ないじゃないかと、顧問税理士に不信感を持つことになってしまいます。 企業が属する業界に精通している顧問税理士を選択するという事もとても重要なことです。

参照元:顧問税理士を神戸で依頼する 【口コミや評判の比較ランキング】神戸で格安の税理士ランキング

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問