顧問税理士契約終了 > 顧問税理士選びのポイント > スピーディーな対応をしてくれるか

スピーディーな対応をしてくれるか


のろのろしているのではダメ

信頼性ある決算書はどう作られるかというと、毎月の月次決算がきちんとしているという事が重要です。
帳簿に加えて経営分析などを行い、月次の段階で色々な対策を練ることができる、こうした対応が現代の税理士に求められる要素です。
業務は刻々と移り変わる経済状況によって大きく変化していきます。
特にベンチャー企業の場合、変化していく経済状況に沿ったスピーディな会計処理と対策を練ることが、企業の成長につながります。
この対応ができず、のろのろと月次決算の分析が翌々月に出るようでは能力がある税理士とは言えません。

わからない・・・困ったという時のスピーディな対応

顧問税理士を変えたいという経営者の方に聞いてみると、質問があって電話しても電話に出られない、その後かかってこない、解答が出てこないなど、要望に応えるスピードがかなり遅いという不満をお持ちの方が多いと感じます。
経営上、これは問題だと感じた時、オンタイムで対応できなくては顧問契約とはいえないでしょう?
質問したい、わからない、問題が起きた、処理に困ったという時、税理士に連絡し答えを即もらえる、また会社に来てくれるなどフットワークの軽さやスピーディさが、信頼の証となる場合も多いのです。
最近はこうしたスピーディな対応をする多面、土日祝日も対応している、夜遅くまで対応してくれるなど、経営に合わせた対応をしてくれる税理士も多くなっています。

リアルタイムな経営状態の把握は必須

リアルタイムに経営状態を把握できる状態であれば、経営者の負担も少なくなります。
状態が完全に悪くなる前に、何か対策を練りたいと思うのが経営者です。
そのサポートを行ってくれるのが税理士ですから、今知りたい答えがすぐに返ってくるという状態が一番望ましいのです。
税理士事務所によりますが、連絡すれば今の経営状態をデータとして見せてくれるところも多くなっています。
どれだけスピーディに、経営者の方の味方になれるか、その努力をしている税理士を選びたいものですね。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問