顧問税理士契約終了 > よくあるご質問 > 他に顧問税理士がいる場合でも顧問契約できるのか

他に顧問税理士がいる場合でも顧問契約できるのか


税理士の業務範囲は広い

税理士のこなす業務の種類は、一般人が考えているよりも多く、その内容も非常に多岐に渡ってします。
税理士たる者、当然それらの全ての業務内容を把握し、きちんとした形にする事はどの税理士でも出来ますが、やはり得意分野や不得意分野があります。

例えば、税理士の主な仕事は税務申告の仕事ですが、事業の継承や相続に関わる仕事も税理士の仕事の1つです。
しかし、この事業の継承や相続といった出来事は、顧問税理士を行なっていると、その長い税理士人生において数回経験するかしないかといったぐらいの頻度でしか遭遇しない事案です。
こういった稀にしか遭遇しない事案を不得意とする税理士もいるという事です。

すでに顧問税理士がいても大丈夫

会社経営者が顧問税理士に処理してもらう物のほとんどが、毎月・毎年の税務処理の作成や税務申告に関するサポートだと思います。
しかし、会社を経営していると、ごく稀にそれ以外の仕事(上記に挙げた事業の継承や相続など)が発生してしまう事があります。
こういったイレギュラーとも呼べる事案が発生した場合には、顧問税理士の側でも慣れない処理方法に戸惑いを覚え、仕事に不手際が生じてしまう事があります。

そういった事を避けるにはどうすれば良いのでしょうか?
答えは「税理士をもう1人雇う」です。

顧問税理士を2人雇う事は可能です。
それどころか、複数の税理士と契約を結ぶ事は何も珍しい事ではなく、多くの会社や企業が行なっています。
例え、顧問税理士をすでに雇っていたとしても、もう1人雇う事はなんら問題ありません。

複数体制は得意分野に専念できる

顧問税理士を複数雇う事のメリットは、それぞれ得意とする分野に専念してもらえる事です。

税理士の業務は多岐に渡っているので、1人で全ての事を処理するのは大変です。
複数体制にして、それぞれが得意とする業務に専念してもらう方が仕事のクオリティも上がり、作業効率も良くなります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問