顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 会計・税金の基礎知識の解説

会計・税金の基礎知識の解説


経営者ならば知らなくてはいけない知識

大企業か中小企業かに関わらず、会社の経営者ならば必ず身に付けなくてはいけない知識が「会計」と「税金」に関わる知識です。
これら2つの事に関しては、専門的な部分までは知る必要はありませんが、基本的な事ぐらいは経営者ならば知っておく必要があります。

「会計」と「税金」の仕組みを知っているか知らないかの違いは、そのまま経営プランや業績に直結する事です。
世の中に確固とした存在感を放っている会社の経営者の全てが、「会計」と「税金」についての知識を持っています。

会社を上手く発展させて行きたいのであれば、「会計」と「税金」に関しての基礎知識は身に付けておくようにしましょう。

会計の基礎知識

会計業務とは、取引によって周る会社の資金の流れを日々記録する業務です。
この会計による記録がいい加減に記されていると、会社経営は簡単に破綻してしまいます。
会計というのはそれぐらい重要な事なので、決してないがしろにしてはいけないのです。

日々、会計として形状される数字を読み解く事によって、会社の経営状況を知る事が出来ます。
言いかえれば、会計を読み解く力を持っていない経営者は、会社の経営状況を正確には把握出来ないという事です。

会計がしっかりしていると、税金対策や経営戦略を建てる事も容易になります。
経営者ならば、会計には優秀な人材を割り当てるようにしましょう。

税金の基礎知識

憲法に記されているように、日本人には「納税の義務」があります。
これは義務として定められている以上、決して逃れる事は出来ません。

仕事をする個人が支払う税金は「所得税」ですが、会社や企業のような団体が払う税金は「法人税」と言います。

法人税には、所得税にある“扶養控除”などのような、個人的事情によって斟酌されるものがありません。
会社の経営者であるならば、この法人税に対しての対策もしっかりと講じなくてはいけません。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問