顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 償却資産申告書の作成

償却資産申告書の作成


償却資産税とは?

「償却資産税」というのは固定資産の1種で、市町村民税にあたります。
これは分かりやすく言えば「事業用資産」にかかる税金です。

「事業用資産」とは、例えば、事業所で使用する業務用のパソコンや駐車場の整備、賃貸アパートのエアコンの設備などが該当します。
こういったものが無いのであれば申告する必要な無いのですが、事業用資産を所有しているにも関わらず申告をしなかった場合は「資産を隠している」という風に受け取られ、帳簿調査などの査察に入られる可能性が生じます。

償却資産申告書とは?

「償却資産申告書」とは、文字通り償却資産を市町村に申告するために作成する書類です。

個々の事業者が事業用資産(償却資産)をどれだけ所有しているかと言う事を市町村が正確に把握する事は、現実的に考えて無理です。
ですので、事業者は所有している償却資産を自己申告する必要があります。
この申告の際に虚偽の報告をすると、査察が入り、追加徴税の対象となってしまうので事業者は正直に申告をするようにしましょう。

市町村では、提出された償却資産申告書をもとに事業者への課税額を決めます。
こうして、その年の固定資産税額が決定されるのです。

償却資産申告書作成に関してのミス

償却資産申告書の作成はミスが発生しやすい事で有名です。
どのようなミスが多のかというと、申告漏れと過大表記がほとんどです。

何故こういったミスが頻発するのかと言うと、最近ではこういった書類の多くはパソコンの会計ソフトを使用して作成することが多のですが、こういったソフトでの作成は、形式的には形になりますが、細かい点では融通が全く利きません。
そのせいで不正確な申告書が出来あがってしまうのです。

正確な償却資産申告書を作成するには、税理士のアドバイスを受けながら作成するのが最も確実な方法です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問