顧問税理士契約終了 > よくあるご質問 > 円満解約のための言い方

円満解約のための言い方


顧問税理士と経営者の関係

会社や企業の経営者と、そこに雇われる顧問税理士の関係は、対等な関係のビジネスパートナーです。
しかし、“対等な関係”にも関わらず、会社の経理や税務を取り仕切り、経営者から「先生」と呼ばれたりする内に、顧問税理士の側に勘違いが起こる事があります。
自分の事を偉く思い、経営者との上下関係で自分の方を上だと勘違いしてしまうのです。
こうした勘違いしてしまった顧問税理士は、もはや会社にとって有益な存在では無くなってしまいます。
顧問税理士に対して問題を感じたら、すぐにその打開策を打ちましょう。

解約の時のトラブル

顧問税理士との関係が悪化したり、その他の理由によって会社との専属契約を解約しようとした時、稀にトラブルが発生する事があります。
契約書の内容に基づくトラブルでしたら、その問題を解決する事で円満に解約出来ますが、経営者と顧問税理士との人間関係の悪化が原因による解約の際のトラブルでしたら、非常にタチの悪いトラブルになる恐れがあります。

顧問税理士は会社の資料や重要なデータを預けられている立場なため、解約の際にそれを返還する義務があるのですが、解約を突き付けられた恨みからか、屁理屈をこねまわして嫌がらせ的に資料やデータを返還しようとしない人間がいたりします。
こういったトラブルは警察や弁護士などに相談すればすぐに解決しますが、それでもあまり良いものではありません。
こういった事態を避けるためにも、円満な解約をするようにしましょう。

円満に解約するには?

顧問税理士と円満に解約するには、「あなたの仕事ぶりに不満があるから余所に変える」という言い方ではなく、「あなたにはお世話になったけど、事情により変えなくてはいけない」といった言い方にしましょう。
こういったビジネスパートナーを変える際には、トゲの有る言葉は心の中に閉まって、あくまでビジネスライクな対応をするのが優秀な経営者です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問