顧問税理士契約終了 > よくあるご質問 > 専任担当制とは

専任担当制とは


専任担当制とは?

日本中に数ある税理士事務所ですが、最近では「専任担当制」を謳い文句にしている税理士事務所が多く存在しています。

この「専任担当制」とは一体何なのでしょうか?

「専任担当制」とは、税理士事務所の代表が契約相手の会社を担当するスタイルの事です。
このスタイルを取る事で、税理士は契約している会社の要望を正確且つ的確に知る事が出来ます。

「専任担当制」は、税理士事務所のトップと会社のトップが直接契約を結ぶスタイルですので、お互いの信用も高いものとなります。

専任担当制のメリット

「専任担当制」の事務所と契約を結ぶメリットは、責任の所在が常に明確であるという点です。

税理士が処理しなければいけない業務は、その交わした契約書にもよりますが、非常に多岐に渡っていて複雑です。
その豊富な仕事量のあまり、その仕事を行なっている人間が誰で、何処まで作業を進めているのか、会社側の経営者にとって明確でない時があります。
作業の進捗状況の確認や、不手際の際の責任の所在を確かめるのが困難な時があるのですが、この「専任担当制」だとそういった心配は一切無くなります。

1人の人間が一貫して窓口となりますので、情報の確認や仕事の相談の際に混乱が起きません。
税理士事務所との煩雑な連絡業務から解放され、非常に簡素化するので、余計なストレスを感じなくて済みます。

専任担当制の税理士の特徴

「専任担当制」の税理士というのは一匹狼的な正確の人間が多いので、税理士界でも独立志向が強い人間が「専任担当制」を掲げた税理士事務所を運営しています。
こういった人間性的な背景から「専任担当制」の税理士事務所は個人事務所が多く、組織化された大規模な事務所ではあまり見かける事がありません。

「専任担当制」は基本的に顧問先数を限定しなくてやっていけないスタイルですので、大量の業務を安定的にこなす能力はあまり高く無いのが特徴となっています。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問