顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 年末調整計算

年末調整計算


年末調整とは?

雇用主が従業員の1年の給与の税金を計算し、すでに給与から天引きされている所得税の合計額と照らし合わせて精算する事で納税を簡潔させる事を『年末調整』と言います。

この年末調整は、会社や企業の正社員に関わらず、高校生のアルバイトにも適用される納税方式です。
つまり、働いて賃金を得ている者全てに適用されているという事です。

年末調整の結果、過去1年間で天引きされていた所得税の額が多すぎたり少なすぎたりしていた場合は、この年末調整時に差額の精算が行われます。
少なかった場合は差額を支払う事になり、多く徴収されていた場合は差額が「還付金」として返還されます。

年末調整と確定申告の違い

「年末調整」と「確定申告」、この2つはどちらも労働者が1年の労働の締めくくりに行う税処理ですが、この2つの違いとは何なのでしょうか?

「年末調整」は給与所得者に限られる税処理方式で、雇用主が従業員に対して行うものです。
つまり、簡単に言えば”誰かに雇われて働いている人間”に対して行われる税処理だと考えておけば良いでしょう。
ただし、給与収入が2000万円を超える場合は年末調整を行えず、確定申告をする事となります。

「確定申告」は個人の所得税を申告する事で、わかりやすく言うと、自営業や個人経営の経営主が行うものです。
この確定申告は、不動産賃貸で得た所得や株式の売買による所得など、ありとあらゆる所得が申告の対象となります。
年末調整の対とならなかった人には、この確定申告を行う義務が生じます。

年末調整の対象となる人

年末調整を行う対象となる人には一定の条件がありますので、ここにそれを記したいと思います。

年末調整の対象となる人は、原則として「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を給与の支払者に提出していなくてはいけません。
この書類を提出していない人は年末調整を行う事が出来ません。

なお、2ヶ所以上から給与の支払いを受けている人や、1年間の給与の合計額は2000万円を超える人は年末調整の対象にはならないので注意して下さい。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問