顧問税理士契約終了 > 顧問税理士選びのポイント > 料金に対する適切な説明があるか

料金に対する適切な説明があるか


顧問税理士を依頼する場合の不安はズバリ料金

顧問税理士へ企業の税務・会計の顧問となってもらうための顧問契約を結ぶ場合、依頼する側が一番気になるのはやはり金額でしょう。
取引を行っている商品や業務については大方いくらくらいという料金の相場がわかります。
でも顧問契約となると、月次どのくらいの金額が必要なのか、年間にするといくらくらいになるのか、とても気になるものです。

税理士さんとの面接で適切な料金の説明があるか

税理士の方に顧問契約を依頼する場合、申し込みを行い予約をし、面会をしてからどのような内容のサポートになるのか、説明を受けます。
財務相談や月次の会計処理など、企業によって顧問となる税理士の方に依頼する内容は違いがありますが、そこで、ある程度の料金説明があるかどうか、ここは大きなポイントとなります。
面接、という段階で契約ではないので、契約の際に金額が分ればいいのでは?と思う方もいますが、通常、税理士さんとしては月次の会計処理を行う場合、また毎月訪問する場合や3ヶ月に1度訪問する場合、もしくは半年に1度訪問する場合など、料金に違いがはっきり出てくるため、料金の説明も大事な面接の目的となるはずです。
そこが適切に行われていないという事では困ります。
面接の時点で料金用等を提示し、この場合はこのくらいかかります、これをやると別途料金になりますという説明をしてくれるかどうか、税理士選択の大きなポイントです。

金額を聞いても嫌な顔をしない

金額の事を聞くとお金の事ばかり聞いてくると思われないかななんて思う方もいます。
税理士の中には費用的な面よりも充実した税理士のサポートを受けられる方が先決とお金の質問を嫌がる人もいるでしょう。
でも実はお金の問題は最重要事項です。
毎月、また年間を通じて支払うのは企業ですから。
どのくらい税理士に対して費用を出せるのかという計算もしっかりしておく必要がありますが、税理士がお金の説明をしっかりしてくれるかどうか、という点も、税理士を決定する重要事項としてとらえておきましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問