顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 月次決算のご報告

月次決算のご報告


会計を知る重要性

「会計を知る事が、経営を上手く運んで行くためには重要である」という言葉は、多くの経営者がよく言う言葉です。

なぜ、会計を知ると経営が良くなるのでしょう?

会計というのは、端的に言えば「会社の経済活動を記した帳簿」です。
そこには、今現在の会社の財政状態や経営成績などが数字で具体的に記されています。
この記された数字を読み解く事が出来る経営者は、今後の経営においての必要・不必要な事柄を知る事が出来るようになります。

優れた経営者として名を馳せている人々は、全員、会計を読み解く事が出来る人々です。
「会計を読み解く」という能力は持って生まれた才能などではなく、知識の集積によるものですので、今まで会計を単なる“損益を記した帳面”という風にしか見ていなかった人は、その考えを改めるようにしましょう。

月次決算とは?

決算というのは、年1回ごとに毎年行なわれるものですが、「月次決算」というのは、その決算を毎月行なっていこうという試みです。

月次決算は、部門別・店舗別に行なう事をおすすめします。
大雑把に会社全体の損益を出すというだけではなく、部門別・店舗別に細かく分けて、それぞれの決算を月ごとに行なう事によって、当初の計画と目標の値にどれだけ近づいているのか?どれだけ遠のいているのか?を知る事が出来ます。

異常値や計画の誤りを早期に正す事が出来るのが、月次決算を行う最大のメリットと言えます。

月次決算を行なう事で何が変わるか?

「月次決算」を行なう事によって、経営者は毎月の経営状況を知る事が出来ます。
月々の経営状況を正確に知る事によって月ごとに経営戦略を練り直し、会社の経営状況をより良くするための軌道修正が容易になります。
年単位での決算による経営戦略見直しの場合だと、軌道修正が手遅れになってしまう事だってあります。
そのおかげで、同業他社に大きな差を付けられてしまう事もあります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問