顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 決算予測、納税額予測、節税対策

決算予測、納税額予測、節税対策


決算予測とは?

「決算予測」とは、今期の会社の業績の予想数値の事で、これには売上高・営業利益・当期純利益などの金額が含まれます。
この「決算予測」に記されている金額の数値は、いずれも“見通し”としての数字なので、実際の決算が終了後に数値が変わる事があります。
それに伴い、株価にも影響が出るので、非常に重要な数値と言えます。

「決算予測」は節税対策のための計画を練るための資料となります。現在では、会計ソフトのようなものを使えば「決算予測」は簡単に行なう事は出来ますが、こういったパソコンソフトを使用して出てきた予測の数値は甚だ正確性に欠けるので、「決算予測」の作成は、やはりプロである税理士に依頼するのが間違いの無い方法と言えます。

納税額予測とは?

会社が上げる利益に応じて増えるのが税金です。
この税金に関しての対策をするために絶対に必要なのが「納税額予測」です。

緻密な「納税額予測」を行なう事によって、有効な税金対策を行なう事が出来るようになります。
月次決算により毎月の業績を知る事で、実際の正確な数値に近い税金の予想額を知る事が出来ます。

税理士のサービスの中には、決算の業績予測の時に納税額の試算も同時に行なっている所が多くあります。
そういったサービスを行なっている税理士事務所に依頼して「納税額予測」は行なうようにすると、予測の失敗の可能性は低くなります。

節税対策とは?

大企業には徹底した節税対策を行なっている企業は多く、そういった事をきちんと行なっている経営者は“優れた経営者”として、よく雑誌やテレビなどのメディアで紹介されたりします。

この節税対策というものは、大企業よりも中小企業こそ徹底して行なわなければいけないもので、これを怠ると会社に残るお金の量にダイレクトに影響します。

節税対策は、税法にある条件とよく照らし合わせて、適切に税負担を減らさなければ脱税扱いされてしまう類のものなので、税の専門家である税理士を雇ってしっかりと正しく行なう事が重要です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問