顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 決算作業、決算書の作成

決算作業、決算書の作成


顧問税理士の仕事

会社や企業に関わらず、営利目的で立ち上げられた団体には、顧問税理士という立場の人が必ずと言っていいほど存在します。
経営者ならば分かる事と思いますが、会社や団体の運営にともなう税処理というのは非常に複雑で、素人には手にあまる事が多いのが現実です。
そういった税処理を一手に引き受けてくれるのが、税の専門家である税理士なのです。

この顧問税理士の主な仕事は税務代理だけではなく、税務関係書類の作成や税務に関する相談など、税に関わる事なら全てと言っても過言ではありません。

税理士は会計簿を読み解く力や納税予測なども出来るので、“企業の発展を見通す力もある”と言う見方もされていて、現在では経営コンサルタントなどの仕事も任されるようになっています。

決算作業について

会社や企業の1年間の財政内容や損益状態を把握するために行なわれるのが「決算作業」です。

この「決算作業」はその会社や企業の状態を確定する作業ですので、結果が対外的に強い影響を持ちます。
つまり、株主(出資者)や銀行(債権者)にもたらす会社のイメージを、結果次第で変えてしまう事になりかねない非常に重要な作業なのです。

「決算作業」を行なう事も顧問税理士の仕事の1つです。
経営者本人や会社の人間ではなく、第三者である税理事務所の人間が行なう事によって、「決算作業」の結果に信頼性が増す事となります。

決算書の重要性

決算作業によって出た事柄をまとめて書類化したものが「決算書」です。

「決算書」の存在は会社にとってとても需要で、この「決算書」に書かれている内容を元に銀行などは融資額を決めます。
もし、この「決算書」に虚偽の内容が記載されていたのであれば、それは会社の信用問題へと発展してしまうので、作成には細心の注意が必要となります。

取引相手や銀行などに信頼される会社であるには、「決算書」はいい加減に作成されてはいけません。
信頼出来る税理士を雇って作成してもらうのが最も良い方法なのです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問