顧問税理士契約終了 > 顧問税理士の契約に関して > 法人の税理士顧問契約

法人の税理士顧問契約


実は口頭での約束が多い?

顧問税理士への依頼、これは起業にとってとても重要なことです。
企業の会計、税務、つまり主軸となる部門の情報をその顧問税理士に理解してもらう必要があるからです。
企業の軸となるお金に関わる部分を深く知ることになるのですから、これは口約束では問題があります。
また口約束ではどんな仕事にどのくらいの報酬となるのか、それもはっきりわかりません。
顧問税理士の仕事はとても複雑でさまざまな分野に及ぶことが多いです。
そのため、しっかりと税理士顧問契約書を交わし、納得したお付き合いが必要となります。

顧問税理士によっても仕事内容が違う?

顧問税理士という仕事を行っている方々も、すべての税理士が全く同じ業務をこなしているという事はありません。
顧問税理士によって内容にも違いがありますし、また金額にも差が出てきます。
契約の仕方も色々で、例えば企業の税務、会計の全てにおいていくらで受ける、という場合もありますし、年末調整や法定調書作成はいくら、決算量はいくら、また顧問ということで月間の報酬としていくら、など、金額の設定の仕方も違います。
顧問税理士の仕事の受け方が違うのに、口約束では問題です。
報酬を払うという事になってから揉めるようではどうしようもありません。
顧問契約書では、仕事内容や料金設定など細かく記載されていますので、内容を吟味し、顧問税理士と企業がお互い信頼して仕事ができるようにしておくべきなのです。

顧問契約を行うメリット

顧問契約を行うということは、いつでも相談できる税務のプロがサポートしてくれるという事です。
契約は書面を通じて行うことで、いつ、どんな場合にどうサポートしてくれるのか、どのくらいの金額がかかるのか、ということをはっきり明確にできるのです。
口でいくら「あれとこれはやるよ」といわれても証拠が残りません。
書面で残して明らかにしておくことでお互い安心して仕事ができるという事になります。
何か起こった時あわてて顧問契約を行うのではなく、いつでも相談できる状態にできる顧問契約は安心の契約となるのです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問