顧問税理士契約終了 > 顧問税理士のサービス内容 > 確定申告の種類について

確定申告の種類について


確定申告の青色申告とは?

確定申告には青色申告と白色申告と呼ばれるものに分けられています。
それぞれで記帳に仕方はもちろん、特徴は異なるのでしっかり理解しておく事が重要となります。

まず、青色申告の主な仕事内容として挙げられるのは記帳の義務と決算書の作成です。
記帳業務に関してだけでも仕訳帳や総鑑定元帳、固定資産台帳や現金出納帳など様々あるので一人で行うのは大変です。

青色申告は正規の簿記によって、経理帳簿を作成していかなければいけないので簿記の知識はもちろん経理の業務経験もある程度は必要になってきます。
知識も経験も全く無ければかなり困難になりますので、その道のプロでもある税理士に依頼する事をお勧めします。

青色申告を行うためには様々な手続きが必要となるので、自分一人ではとてもじゃないけど出来ない方も多いものです。
申請書に記入漏れがないようにして、申告を考えている年の3月15日までに税務署へ届けなければいけません。

申告する年の1月16日以降に新しく会社を開業した人の場合は開業日から二ヶ月以内に申請を行うように進めると間に合います。

確定申告白色申告とは?

確定申告の白色申告というのは記帳を行う義務はなく、収支内訳書を作成するだけで構わないのが特徴です。

白色申告は青色申告とは決定的に違うのが記帳の義務がない事と言えますが、誰でもという訳ではありません。
自分の事業での所得が300万円を超えるのであれば記帳しないといけなくなります。

しかし、記帳義務がないとは言っても実際に考えると300万円以下でも帳簿がないと必要経費などの費用も不明確になってしまうので記帳は必要と考えた方が良いでしょう。

白色申告で行うメリットにはいくつかありますが、主に家族や職場の人間の給料の一部が必要経費としてみなされる事です。
また、処理に時間がかからない事もメリットと言えるので事業の規模や売り上げが小さくて、経理に時間をさきたくない方は白色申告で問題ないです。

確定申告についてもっと知りたい方はこちらのサイトへ

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問