顧問税理士契約終了 > 顧問税理士選びのポイント > 節税に対する姿勢

節税に対する姿勢


税理士選択の大きなポイント「節税」

顧問税理士を依頼したいと思う一つの理由に、節税対策をしたいという理由があります。
会計上、ムダを省き適正に節税ができるかどうか、これは企業にとってとても重要なことです。
税理士はみな、節税に対しての知識が深くその経験にたけていると思っている経営者も多いのですが、実は税務処理、会計処理をそつなく淡々と行う税理士もいれば、積極的に節税対策知識を与えてくれるその道にたけている税理士もいるのです。
適正な納税を支援することが税理士の仕事であることは間違いありません。
でも、節税についても積極的に知識を与えてくれる税理士を選択する方が、より企業にとってメリットの高い選択となる事は間違いないでしょう。

節税に強い税理士を見分ける

節税に強いかどうか、例えば知り合いの企業が顧問税理士として依頼している方が、とにかく知識が豊富でおすすめだという事ならいいのですが、そうしたおすすめではなく、初めて出会う税理士の方が節税について知識を持っているか、積極的なのかという事を見分けるのはとても難しいと考えがちです。
そこで、税理士との面接の際、節税についての質問を税理士にぶつけてみましょう。
例えば役員報酬の事についてなど質問してみましょう。
ムダを省くこと、その企業の財務上、経理上の問題点を把握してもらいそこから適正な節税が出来る税理士を選択していくことが必要です。

税理士は自由業であってサービス業である

税理士は自由業であり、サービス業という面も持っています。
顧客はお客様です。
そのお客様が節税対策をしたいという希望を持っているのなら、その希望に添える知識を持つことが重要と考える税理士が求められます。
節税についての知識を持つためには法律の改正などについて情報をしっかり持っていること、忙しいながらも勉強を欠かしていない姿勢がなくてはなりません。
会計処理、財務処理などをコツコツ行うことはもちろん大切なことですが、常に前向きに積極的なサービス業的なビジネスを心がけている税理士が望ましいですね。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問