顧問税理士契約終了 > 顧問税理士選びのポイント > 経営に対する的確なアドバイス

経営に対する的確なアドバイス


税理士に求めること「経営に対してのアドバイス」

経営者が税理士に求めることは何か、その一つに経営に対するアドバイスがあります。
自分の経営する企業の、会計や財務に精通している人、それが税理士であり、会社の従業員とは違い、客観的に第三者的な目を持って見つめてくれている重要な位置にいる方です。
第三者として、また財務、会計のプロとしてその主軸に精通する税理士が、その企業の経営状態を見たとき、どう感じているのか、また何が必要だと思うのか、そのアドバイスを欲しいと思う経営者はとても多いのです。

税理士の提案やアドバイスを求めてみよう

税理士というのは担当する企業の、企業としての成長、そして黒字であることなどを共に考えていく存在でもあると認識しておくべきです。
そのため、そういう提案やアドバイスが欲しいという場合、積極的に提案などをしてくれる税理士を選ぶべきです。
税理士の中にはこうしたアドバイス的なことはしないという方もいます。
依頼する際に、財務や会計のプロとして経営状態を客観的に見つめた際のアドバイス、また提案がほしいという事を伝えてみれば、こうしたサポートが出来るか確認できます。
事業をこれから立ち上げるという場合も、税理士は起業支援として提案やサポート、また相談に乗ってくれるはずです。
事業継承という場合も、どういう風に継承を行っていくべきか、その企業の経済状態に合わせて考えてくれます。

専門家同士のつながりもある

税理士は税務、会計についてのプロです。
仲間内には専門家的な職業をお持ちの方が多く、例えば税理士として業務を行っていく上で知り合いの弁護士などに意見を求めるなどもしています。
何か、税理士では解決できそうにない問題があっても、税理士に相談し知り合いの弁護士の方を紹介してもらえるなど、専門家同士のつながりを活かしてくれる税理士も多いです。
経営の中で税務、会計では処理できない問題に直面した場合も、税理士に相談してみることです。
専門家同士のつながりが深いのでこうした場合もアドバイスしてくれますし、そのほかの問題の専門家を紹介してもらえることも多いです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問