顧問税理士契約終了 > 顧問税理士選びのポイント > 資金調達に対する能力

資金調達に対する能力


資金調達は企業に欠かせないこと

まったくほかの力を借りることなく、企業の持っている資産だけで経営が出来たら、こんなにいいことはありません。
でも企業を動かしていくためにはやはり資金が必要ですし、資金調達、つまり借り入れを行う事が必要です。
資金調達の方法は、銀行、公的機関、ノンバンク、また補助金や助成金、投資家からなどの多数の方法があります。
資金調達を考える場合にも決算書はとても重要な要素となるもので、ただ作成すればいいということではなく、税理士は企業が融資を希望した場合に、より高い格付けで融資を受けられるように決算書作成を考えなくてはなりません。

資金調達方法にたけていること

開業して間もない頃は、どのくらいの売り上げがあるか銀行側もわかりませんから、やはり貸し渋ります。
こうした場合、税理士としては銀行以外の資金調達方法をアドバイスしてくれるはずです。
例えば、日本政策金融公庫とか、商工会、また中小企業事業融資等です。
公的機関から借り入れできれば、無担保無保証での借り入れができることもありますし、金利があっても民間の銀行等よりもかなり低い金利での借り入れができます。
銀行が融資を渋って貸してくれないという場合に、こういうところがありますよとアドバイスしてくれるような税理士を選びたいものです。

どこからの資金調達がいいのか

企業によってまた企業の業種によってどこから資金調達を考えるのが一番いい方法なのか、どうしたら資金調達をうまく円滑に行う事が出来るか、またその返済計画についても無理なくしっかり行えるようにしていけるのか、こうした相談に乗ることも税理士のとても重要な業務です。
税理士は資金調達という事に関しても知識を持っていることが望まれるのです。
経験によって培われるものもありますし、税理士が情報を集め知識を得ていることも多いです。
税理士選択の際、資金調達についても質問をぶつけてみると、こうしたことに強い税理士かどうか、判断材料になります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問