顧問税理士契約終了 > よくあるご質問 > 近い税理士に依頼すべきかどうか

近い税理士に依頼すべきかどうか


近い税理士とは?

「近い税理士」とは、文字通り、自分の会社から近い場所に事務所を構えている税理士の事です。
会社から車で数10分程度の距離に事務所を構えている税理士の事を「近い税理士」と呼ぶ場合が多いようです。

日本全国には7万人以上の税理士がいるので、全都道府県に必ず数人の税理士がいます。
「近い税理士」を探す事は全く困難な事ではありませんが、その税理士が自分の希望に合う働きをしてくれる税理士であるかどうかは別の問題です。

「近い税理士」と契約したいと考える経営者は多いですが、なぜ「近い税理士」と組みたがるのでしょうか?

近い税理士を選ぶメリット

会社を経営する人間にとって、コストの削減はとても重要な仕事です。
費用を掛けなくて良いところには出来るだけお金を掛けないようにする、というのは経営の鉄則です。

「近い税理士」と契約することで得られるメリットは、『時間とコストが大幅に削減できるから』というものです。

税理士に行なってもらう主な業務というのは、当たり前ですが「税務」 についてです。
「税務」とは会社の税金の流れについての仕事ですので、毎月の売上や従業員の給与の支払いに関連して必ず行なう作業です。
そのため、定期的に資料のやり取りや打ち合わせ等で経営者と顧問税理士は会う必要があるのですが、お互いの事務所の距離が遠いと、会うだけで大変な時間と費用が掛ってしまいます。
この問題を解消してくれるのが、「近い税理士」との契約なのです。

遠い税理士について

時間とコストを大幅に削減する事が出来る「近い税理士」との契約ですが、「遠い税理士」との契約にメリットは無いのでしょうか?

「近い税理士」と契約するメリットは時間とコストの削減ですが、それらが解消されたとしても、肝心の“税理士としての能力”が低ければ会社へのメリットは期待出来ません。

「コスや時間削減より、優秀な能力を持った税理士と契約を結びたい」と考えるのであれば、事務所間の距離は気にせずに、自分の希望に合う税理士と契約を結べば良いと思います。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問