顧問税理士契約終了 > よくあるご質問 > 顧問契約期間の平均年数とは

顧問契約期間の平均年数とは


顧問契約期間の平均的な長さ

顧問税理士というのは、経営者と契約書を交わして契約を結ぶ事で誕生する存在です。
“契約を結ぶ”と言う事は、当然の事ながら、「契約期間」というのが存在します。

顧問税理士との契約期間というのは、平均してどれくらいの期間が一般的なのでしょうか?

多くの経営者が、税理士を“顧問税理士”として招き入れる期間は、平均して『約1年』と言う事です。
短いように感じますが、1年というのは、会社経営で言えば「その年の仕事の始まりから決算まで」の時間です。
契約した税理士の能力を見極めるには充分な期間と言えるでしょう。

顧問契約期間が長い税理士

顧問税理士の平均的な契約期間は『約1年』ですが、それ以上の長期間に渡って顧問税理士を依頼される税理士がいます。
こういった税理士の多くは、月々の税務の処理だけではなく、経営者が気づいていない経営面でのアドバイスや、銀行などの融資先まで出向いて会社の希望に沿った融資を取り付けて来てくれる等の税務処理以外でのサポートに優れた税理士達です。

単なる税務処理員としての税理士ではなく、トータル的な経営支援をしてくれる「経営コンサルタント」的な能力を持っている税理士が5年~6年、長い時では10年以上もの長期間に渡って顧問契約を結ばれ続けているのです。

自動更新か否か

顧問税理士との契約の延長や解除は、契約書に記載した条件によって行なわれます。
つまり、契約の更新方法は、契約を結ぶ際にあらかじめ決めておくというワケです。

顧問税理士の契約更新を自動更新にしてしまっている場合は、例え現在の税理士に不満を感じていたとしても、契約更新しない旨を伝えていなければ自動的に更新され、顧問料を再び支払う事となってしまいますので要注意です。

経営者の中には、契約で「自動更新」と取り決めた事をすっかり忘れてしまっている人もいたりします。
仕事上のパートナーシップは契約が全てです。
どんな内容の契約を交わしたのかは忘れないようにしましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問