顧問税理士契約終了 > 顧問税理士の契約に関して > 顧問税理士とは

顧問税理士とは


税理士と顧問税理士は違う?

税理士全体を見れば税に関するスペシャリスト、専門家という見方が圧倒的に多いでしょう。
言葉の意味も難解な税務書類を作成し、税に関する書類は任せておけば安心というイメージがあります。
勿論税理士も顧問税理士も税務書類などを申告書類を作成しますが、税理士と顧問税理士では少し意味合いが違うものなんです。

コミュニケーションがとても重要になる

領収書やそのほかの必要文書を持って行って確定申告などの書類を作成してもらう場合、書類を渡して聞かれたことに質問し作成してもらえばいいことです。
税理士も領収書などの必要な書類がそろっているかを確認し、疑問部分を確認して申告書を作るという作業です。
顧問税理士というのはこうした仕事を行いますが、企業について、その法人なり個人事業主なりと会計上、税務上の突っ込んだ話をしなければなりません。
ただ申告書を作成すればいいという事ではなく、税務上の問題や相談を受けて、どう解決していくか、時にはアドバイスし、時には一緒に考える必要が出てくるのです。
つまり、より企業との関係が親密であり、コミュニケーションがとても重要な仕事という事になります。

税務以外、様々なアドバイスと税務調査

税務上の問題以外でも、税理士がアドバイスすることがあります。
経営分析などを行い、この先の企業の指針について経営上のアドバイスなどもしてくれます。
顧問税理士を選ぶ際にはやはり、その企業の業務、業界に精通していることが何よりですが、それは、こうした深い部分の相談に乗る場合、情報、知識、経験共に必要になるからです。
税務申告を行っていれば、どうしても避けることができないのが税務調査です。
その税務調査がまわってきた場合にも、常に税理士のチェックを受け適切な財務、会計処理を行ってきていれば、出てくる問題も少なく、税務署職員に指摘されることも少なくなります。
顧問税理士は、通常の税理士とは違い、作成して終了、という事ではない長い目で見たお付き合いを考えるべき存在なんです。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問