顧問税理士契約終了 > 顧問税理士選びのポイント > 顧問税理士にかかる費用について

顧問税理士にかかる費用について


税理士への報酬

税理士に起業支援や記帳代行などを依頼する場合、報酬を支払わなければなりません。
その報酬の基準として一般的なのは売上で、売上が大きい程取引先の数も増加しますので、必然的に税理士の作業量も増加するためです。

さらに売上が大きいという事は納税する金額も当然大きくなってしまいます。
大きい金額だと余計に計算する税理士の責任も増加する事になるので、報酬が増えるケースもあります。

非常に分かりやすい基準になっていますが、急激な売上増加で税理士への報酬が上がった後に再び元の売上に戻った時に改善されないトラブルが起きるケースもあるのです。

税理士への報酬は売上を元に計算されるのは非常に理に適っている事です。
しかし、それだけじゃなく自分の会社の状況や事情に合わせながら親身になって見直しを行ってくれる税理士さんを選ぶのが最も良い選択と言えます。

作業の量で報酬を決めている税理士も!

最近は作業量から報酬を決めている税理士さんも増加している傾向にあります。
こうした税理士さんの場合は見積書類にしっかりと明細を記載している事も多いです。

しっかり記載してくれていると、どの業務でどんな金額になっているのかを知る事が出来ます。
その結果、納得して報酬を支払う事も出来るので税理士さんとも良い関係を築く事が可能となります。
さらに税理士さんと報酬の交渉を行う際、不必要と思われる作業を省く事や留めるなどの調整もしやすくなる点もメリットの一つと言えます。

しかしデメリットとしてはきっちりしている分、何らかの事情で急に作業量が増えたなどの場合に思ったよりも高い報酬を支払わなければいけなくなる事もあります。

実際にそういった経験をされた事がある方も非常に沢山いるので、まず自分はどんな作業を税理士さんに任せるのか?とハッキリと決めておく事が大切です。
それをハッキリと決めていると、余分な作業をされて多めに報酬を取られてしまう!なんてトラブルも回避する事が出来ます。

顧問税理士に関する他サイトのページはこちら

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問