顧問税理士契約終了 > 顧問税理士の契約に関して > 顧問税理士の仕事内容

顧問税理士の仕事内容


顧問税理士の仕事内容は多岐にわたる

顧問税理士にどこまで求めるか、という事によって、税理士の仕事内容もだいぶ変化します。
どのような仕事をしてくれるのか、それを理解しておくことで、自分の企業の会計、財務処理の中で依頼すべきこと、しなくてもいいことが見えてくるでしょう。
税理士の仕事は多岐にわたり、相談事が結果、仕事につながっていくという事もあるので一概にこれが業務内容、という事は言えないのですが、基本的に毎月行う事、1年に1回行う事などを理解しておきましょう。

毎月行う業務

毎月定期的に行う業務の中で最も重要なのが打合せ、税理士訪問です。
企業へ出向くことも、税理士事務所へ行くことも可能です。
打合せの際には前月分までの試算表を確認しながら、今現在、企業の財務状態がどのようい推移しているかを確認します。
会計ソフトなどを利用している場合、その指導も大切な仕事です。
訪問では、企業主や税務処理に携わる人たちからの質問や不安点なども聞き取りし、対策やアドバイスなども行います。
こうした訪問、相談などに力を入れている税理士が今、とても多くなっています。
記帳代行も依頼する場合、伝票、領収書などの必要書類を税理士に渡す必要があります。
この書類を元に会計ソフトへデータを入力し帳簿をつけ会計処理を代行してくれます。
試算表が常にしっかりした状態でいつでも見ることができるというのは、会計や財務を把握する上で、とても重要なことです。
このほか、依頼にそって給与計算やそのほか、会計、税務上でしてほしいことなど毎月訪問時に確認し、サポートしてくれます。

年に1度行う事

企業にとって年に1回訪れる決算は、とても大変です。
年度末に会計データをまとめ、決算書を作成し、さらに税務申告書の作成、申請を行う必要があります。
決算書を作ることで仕事をしてきた1年間の業績が数字の上で目に見えてくるので、この先にどういったことが必要なのか考えることができます。
決算書作成は売上金額が多ければ多いほど大変な作業になりますし、複雑になりますので、この決算書作成は多くの企業の方々が税理士さんに依頼しています。
このほか、年末調整や納税額の計算なども1年に1回行う業務です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問