顧問税理士契約終了 > 顧問税理士の契約に関して > 顧問税理士の報酬

顧問税理士の報酬


顧問税理士の相場はどの程度なのか

顧問税理士を依頼する場合、どのくらいの金額がかかるのか、その相場が気になります。
顧問税理士事務所によってもその金額はばらつきがありますし、またどういう仕事の取り方をするのかによっても、金額は大きく違ってきます。
どのくらいの規模の企業なのかによっても、金額が大きく変わりますね。
顧問税理士を依頼する側として、税理士の報酬がどの程度かかるのか、基本的な相場は理解しておきたいものです。

顧問税理士の基本的金額の構成

顧問税理士の報酬の基本的金額構成は、月額顧問料と決算料です。
訪問が毎月なのか、それとも3ヶ月に1度なのか、半年に1度七日によって大予後の相場が出てきます。
一般的には1000万円未満クラスの年間売上の場合、毎月の場合の月間顧問料は25000円くらいから、3ヶ月に1度という場合30000円から、半年に1度という場合は15000円くらいから相場です。
年間1億以上の売り上げがあるという場合、毎月なら60000円くらいから、3ヶ月に1度なら5万円くらいから、半年に1度という場合40000円くらいから、という感じです。
年間5億円以上は応相談となります。
記帳代行も一緒にお願いするという事になると、月額顧問料にプラス5000円くらいからです。
これに加えて、決算料もかかります。
決算料は月額顧問料の4ヶ月分から半年分くらいと考えておくといいでしょう。
このほか、年末の年末調整を依頼する場合、社員10名までで基本的に2万円、1人増えるごとにプラス1000円くらいの加算があります。

顧問税理士にどう依頼するかによって違いがある

例えば、個人事業主で普段の会計処理は全部自分で行うので、決算の時だけお世話になりたい、という事であれば、決算の為の費用を考えればいいでしょう。
ただ顧問税理士へ少しでも何かを依頼するのであれば、やはり税務相談まで出来るという事が理想的です。
顧問税理士に相談したことで減税できたという企業も多いです。
目先の損得ではなく、この会計財務という特別なことについて、将来を見据えた選択が必要です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問