顧問税理士契約終了 > よくあるご質問 > 顧問税理士の契約した際にデータは返却してもらえるのか

顧問税理士の契約した際にデータは返却してもらえるのか


顧問税理士を雇うメリット

会社や企業を経営する人・起こす人にとって避けては通れないのが経理の仕事です。
この業務は課税に関わる事なのでいい加減な処理は出来ないし、面倒くさがって適当に処理してしまったら税務署の査察などが入って取引先相手などからの信用も失ってしまいます。
そうならないために、細心の注意を払って丁寧に会計業務を行なったとしても、経理の素人が見様見マネで作成した書類には穴があったりします。

そうならないために、会計のプロである税理士を専属で雇うのが最も良い方法なのです。

顧問税理士を雇うメリットは、税務や経理全般に対する知識や銀行との交渉、財務アドバイスなどに発揮されます。

顧問税理士を雇う事への不安

煩わしい書類や交渉に際して非常に強い味方になってくれる顧問税理士ですが、それでも契約を結ぶ事業者にとっては不安もあります。

それは、「こちらが税務や経理に詳しくない事を良い事に、いい加減な処理を勝手にされはしないか?」という不安です。

こういった不安を持つ事業者の心情も察するし、現実に悪徳税理士の噂も聞きます。
契約を長い期間続ける事で、税理士側の態度が横柄になっていくというような話も良く聞かれますが、そういった場合は早急に解約手続きを進め、新たな別の顧問税理士と契約を結ぶ事です。
税理士にもピンからキリまでいるので、「あっ!これはダメな税理士だ!」と感じたら、取り返しが付かない事態になる前に手を打ちましょう。

データや資料は返却されるのか?

顧問税理士との契約を解除した場合に、「預けた資料やデータは返却されるのか?」という疑問が起こると思います。

これは、答えを言えば「返却されます」です。

しかし、中には「提供した会計ソフトは私の物なので、その中に入ってるデータも私の物である」という屁理屈をこねまわしてデータを横領しようとする悪い税理士もしるらしいので、そういった場合は早急に弁護士に相談し、警察に訴えるようにしましょう。
顧問税理士が顧客のデータを持ち出す事は犯罪です。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問