顧問税理士契約終了 > 顧問税理士の契約に関して > 顧問税理士の契約期間

顧問税理士の契約期間


税理士と顧問契約を結ぶという事

顧問税理士を持つという事は、財務についての不安をなくすという事につながります。
どのくらいの仕事をしてもらうのかによって、報酬なども変わってきますが、やはり顧問税理士を依頼するのですから、財務相談などがしっかり出来るように、契約をしておきたいものです。
経営者が見えにくくなる財務の長期的な組立などを相談できる状態の契約をしておくことが望ましいでしょう。

お試しできるところもある

税理士の仕事は1年くくり、と考えておくべきです。
月次の税務処理や会計処理に加えて税理士の仕事の中でも重要なのが決算書作成でしょう。
決算までの1年間が一つの区切り、契約期間と考えておきましょう。
ただ最近、税理士事務所によってですが、お試し期間を設けているところがあります。
企業に税理士として係ることになりますが、やはり人対人のお付き合いです。
特に、税務・会計についての相談も、心を割って話しすることが必要となります。
信頼できる事務所である以前に、合う、合わないという事も出てくる場合がありますので、税理士側でお試し期間を設けて、その期間を経過してから契約できるかどうかを判断できるというシステムになります。
税理士側も、しっかり納得した上で業務を行いたいという事でしょう。
勿論お試し期間の間も費用がかかりますが、顧問契約を交わす前に試すことが出来るのは大きな利点になります。

顧問契約では一般的にどのくらいの契約期間?

顧問契約書には、一般的に「契約期間は契約締結日から1年間とします。但し、当事者から申し出がない限り更新するものとします。」などの契約期間についての一文があるはずです。
この契約期間によって更新するかどうかを判断すればいいでしょう。
金額が高い、サポート力がないなど税理士の業務に不満があり、契約を解除する場合、契約期間が来る前に、税理士事務所に契約しないまでを通告し、必要書類などがあれば準備しましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

顧問税理士の契約に関して

顧問税理士選びのポイント

顧問税理士のサービス内容

よくあるご質問